整腸作用

便秘の改善

試験方法 健常成人27名を対象に、難消化性デキストリン5g含有飲料あるいはプラセボ飲料を1日1本、2週間の摂取期間でクロスオーバーさせ、排便回数と排便量を比較した。

  • 排便回数 プラセボ飲料摂取期間 7.3回/10日間 試験飲料摂取期間 9.3回/10日間
  • 排便量 プラセボ飲料摂取期間14.8個/10日間 試験飲料摂取期間 20.7個/10日間

下痢の改善効果

被験者 向精神薬と下剤を服用しており、主な便性状が泥状あるいは水状である、40歳以上の男女18名(男性9名、女性9名)
試験方法 難消化性デキストリンあるいはプラセボ(デキストリン)10gを1日3回(30g/日)、12週間反復摂取させた
  • 回数/週 結果:水状便の回数 試験群P=0.00 プラセボ群=0.34 交互佐用P=0.049 摂取期間(週)
  • 回数 結果:泥状便の回数 試験群P=0.00 プラセボ群=0.34 摂取期間(週)
  • 試験群において水状便の回数/週が有意に減少した。
  • 試験群において泥状便の回数/週が有意に減少した。

整腸作用の作用機序

難消化性テキストリンの体内動態 体内 胃 小腸5% 大腸50% 糞便40%

●腸内細菌による資化
ビフィズス菌の増加
腸内菌叢の改善
排便回数・排便量の増加・便性の改善
●糞便中に排泄

排便量の増加

食後血糖の上昇抑制作用

食後血糖上昇抑制作用の作用機序

  • 難消化性デキストリンが「ない」場合 炭水化物が速やかに吸収される 食後の血糖値が急激に上昇 血糖値 経過時間
  • 難消化性デキストリンが「ある」場合 炭水化物が緩やかに吸収される 食後の血糖値が緩やかに上昇
血糖値 経過時間

難消化デキストリンは食後血糖値およびインスリン値の上昇を抑制する

食後中性脂肪の上昇抑制作用

脂質負荷試験(ラット)

試験方法 一夜絶食したラットにコーンオイル1g単独あるいはファイバーソル2 0.01g、0.1g、1.0g添加コーンオイル1gを経口投与した。投与前および投与7時間後まで中性脂肪値を測定し、経時変化を観察した。
  • 中性脂肪値(mg/dl) 経過時間(時)コントロール ファイバーソル0.01g ファイバーソル0.01g ファイバーソル1g
  • AUC(mg・h/dl)コントロール ファイバーソル0.01g ファイバーソル0.01g ファイバーソル1g

高脂肪食負荷試験(ヒト試験)

被験者 健常成人 13名
試験デザイン シングルブラインド・クロスオーバーテスト
試験方法 難消化性デキストリン5g入りの飲料あるいはプラセボ飲料をファーストフードと共に摂取する。摂取後6時間まで中性脂肪、血糖値、インスリン値を測定する
試食に用いた負荷食
  カロリー(kcal) タンパク質(g) 脂質(g) 炭水化物(g)
ハンバーガー 546 28.3 27.4 46.6
フライドポテト 420 5.7 22.1 49.6
966 28.3 49.5 96

中性脂肪値(mg/dl) 食後中性脂肪値 FS5g プラセボ 時間(時)

  • 血糖値(mg/dl) 結果:血糖値 FS5g プラセボ 時間(時)
  • インスリン(µU/ml) 結果:インスリン  FS5g プラセボ 時間(時)

血清脂質の低下作用

血清脂質値の変化

被験者 軽度肥満であり高脂血症の成人男性12名
試験方法 10gのファイバーソル2を食事と共に、1日3回、3ヵ月間、反復投与する
  開始前 3か月後
身長(cm) 168.8±1.3 168.8±1.3
体重(kg) 73.7±3.4 73.0±3.3
BMI 25.8±0.9 25.6±0.9
体脂肪率(%) 27.7±0.9 25.9±1.0 *
総コレステロール(mg/dl) 232.0±10.8 201.3±7.8 **
HDL-コレステロール(mg/dl) 47.8±3.2 44.48±3.0
中性脂肪(mg/dl) 344.7±63.8 192.9±28.2 **
空腹時血糖(mg/dl) 105.8±6.5 104.3±4.5
*:P<0.05 **:P<0.01    

体脂肪低減作用

難消化牲デキストリンの体脂肪に及ぼす影響

被験者 BMI23以上の成人男女38名
試験デザイン ダブルブラインド・プラセボ対照並行群間試験
試験方法 難消化性デキストリンを10g含有する茶飲料あるいはプラセボ飲料を1日3回、3ヵ月間、食事と共に摂取させた。摂取期間前後にCTスキャンにより内臓脂肪面積値および皮下脂肪面積値を測定し、変化を観察した
  • 試験開始前
  • 難消化デキストリン摂取3カ月後
  試験開始前 難消化性デキストリン摂取3ヵ月後 結果
全体内脂肪面積 486.8c㎡ 337.9c㎡ -30.6%
内蔵脂肪面積 273.4c㎡ 152.9c㎡ -44.1%
皮下脂肪面積 213.4c㎡ 185.0c㎡ -13.3%
ウエスト 105.1cm 95.1cm -10cm

脂肪面積値の変化

内臓脂肪面積値 0週 151±12 12週 146±12 プラセボ群 0週 162±11 12週 129±7 試験群 皮下脂肪面積値 0週 209±20 12週 205±19 プラセボ群 0週 213±14 12週 220±18 試験群

血清中性脂肪値の変化

試験群(n=19) プラセボ群(n=19) 開始前 4wk 8wk 12wk 終了後

ミネラル吸収促進作用

各種ミネラル吸収に及ぼす影響

ラット SD系 5週齢の雄性ラット
試験方法 1週間の予備飼育後3群(8匹/群)に分け、コントロール食(AIN‐93)、コントロール食にファイバーソル2を1.5%あるいは3%添加した飼料を1週間摂取させた。摂取期間最後の4日間の糞便中に排泄されたミネラル量と摂取したミネラル量を測定し、各種ミネラルの吸収率を求めた
  • 各種ミネラルの吸収率
  • 大腿骨の重量
  • 組織中のFe量 肝臓 脾臓
  • 肓腸重量 肓腸組織重量 肓腸内容物重量
  • 肓腸内容中の有機酸およびpH 総短鎖脂肪酸量
  • pH
  • 松谷化学工業株式会社 機能性素材 http://www.matsutani.co.jp/product/kinousei/kinousei.html
  • でん粉の総合メーカー 松谷化学工業株式会社 Matsutani Chemical industry Co,.Ltd.
  • みやげんぶろぐかいご食の最新情報
  • おうちで作るかいご食の本
  • 嚥下食Q&A
  • みやげん通信
  • かいご食レシピ
  • 動画でレシピ解説
  • 投稿レシピ紹介
  • 嚥下調整食基準
  • 在宅で介護食アドバイス
  • 無料サンプルのお申込みはこちら
  • FAX 注文書
  • お問合せ
  • MiyaGen オンラインショップ