[クイック] ゲル化食品 ミキサーゲル手で混ぜるだけ

添加量を減らせばトロミ剤の代替として使用でき、ベタツキが少なくまとまりのある、飲み込みやすいテクスチャーになります。
トロミ剤の2分の1の添加量で同等の粘度が得られます(当社比)
例)お茶や清涼飲料水100gに対し約1g(1%)でお試しください。

■充分に撹拌できるように、食品の種類や量に合った適切な容器をご使用ください。
■飲み物や食べ物の種類によって膨潤時間が異なりますので注意してください。
■食品をほぐしたりきざんだりする場合、種や皮など嚥下に支障をきたす可能性のある部分は利用しないでください。

総合栄養食品の添加量の目安

総合栄養食品 ミキサーゲル(2.0~3.0%)
125ml 2.5~3.8g
200ml 4.0~6.0g
250ml 5.0~7.5g

●総合栄養食品の種類によってゲル化の度合いが異なりますので、ミキサーゲルの添加量を調整してください。

泡だて器・スプーンなどで混ぜる場合の添加量の目安表

食材100gに対して 食材の温度 追加水分(g) 添加量
お茶・イオン飲料
清涼飲料水
0.3~0.6g
(0.3~0.6%)
1.5~2.0g
(1.5~2.0%)
牛乳 0.6~0.8g
(0.6~0.8%)
1.5~2.0g
(1.5~2.0%)
果汁ジュース   2.0g(2.0%)
みそ汁 0.8g(0.8%)
総合栄養食品
(濃厚流動食)
2.0~3.0g
(2.0~3.0%)
2.0~3.0g
(2.0~3.0%)
ペースト状の食品 (市販の冷凍ピューレ・ミキサー食など) 50g 1.2g(0.8%)
50g 2.3~3.0g
(1.5~2.0%)
  • ミキサーゲルの特長
  • NEWミキサーゲルのレシピ
ミキサーで混ぜる場合の使い方はこちらから
  • MiyaGen on-line shop オンラインショップのご利用はこちら
  • 無料サンプルのお申込みはこちら ミキサーゲル かたまるくん トローミファイバー からだに食物せんい
  • みやげんぶろぐかいご食の最新情報
  • おうちで作るかいご食の本
  • 嚥下食Q&A
  • みやげん通信

ミキサーゲルのかいご食の作り方

  • お粥 パン粥
  • 肉・魚
  • 惣菜
  • 野菜
  • 果物
  • 飲み物
  • 無料サンプルのお申込みはこちら
  • FAX 注文書
  • お問合せ
  • MiyaGen オンラインショップ